流血やお漏らしも……発達障害児の心、行動に異変

何度か記事にしてきましたが、先の熊本地震による影響は、発達障害を抱える子供達に深刻なダメージを与えているようです。

 

「どこにも行かないで」震災、障害児の心に傷 壁に体当たりし頭血だらけ、お漏らし…異変相次ぐ

不登校や発達障害がある子どもたち約30人が暮らす熊本県益城町の児童心理治療施設「こどもLECセンター」。震度7に2度も見舞われ子どもたちに次々と異変が現れた。

「怖いから、どこにも行かないで」。親から虐待を受け、アスペルガー症候群の疑いがある高校3年の鮎美(17)=仮名=は4月14日の前震後、職員に腕を絡ませ、離れなくなった。

未明に本震が襲った16日の夜には、廊下をうろつき、相談室に1人で閉じこもって壁に体当たりを繰り返した。頭が血だらけになっている鮎美を職員が6人がかりで止め、病院に連れて行った。

突然裸になり、お漏らしをする男子中学生、気絶する小学生。一方で、高揚したようにしゃべり続ける子もいた。「もともと情緒面に課題がある子どもたちが地震の恐怖にさらされた。心の傷は深刻だ」と、宮本裕美施設長(52)は語る。

引用元:ヤフーニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160609-00010003-nishinp-soci

スポンサーリンク

妻も地震でパニックを起こした

これは私の妻にも同様なことが言えるのですが、発達障害、特にアスペルガー症候群の人は脳や心の思考のキャパシティが健常者よりも少ないため、地震のような突発的な出来事に見舞われるとパニックを起こしやすいです。

ところでこのニュースは妻が見つけてきてくれたんですが、妻は「もの凄くよく理解できる」と言っていました。

 

私も東日本大震災の時はパニック起こしたもんね……

 

あの当時のことを振り返ると、確かにそのような部分が妻にも見られました。

しばらくの間はトイレにすら一人で行けない状態でしたし、食生活や睡眠が乱れたりと何かと苦労しましたからね。

 

PTSDのダメージも人一倍大きい

で、記事中に心的外傷後ストレス障害(PTSD)の話が少しだけ書かれていましたが、発達障害者は人一倍そのダメージを受けやすいと考えています。

それも突発的な変化に対応できない、脳や体に伝わる感覚が健常者(定型)よりも敏感といった背景があるわけでして、大地震のような恐怖感に遭遇した場合、精神的に相当なダメージを受けるのは明らかです。

 

未明に本震が襲った16日の夜には、廊下をうろつき、相談室に1人で閉じこもって壁に体当たりを繰り返した。頭が血だらけになっている鮎美を職員が6人がかりで止め、病院に連れて行った。

 

これもキャパシティを超えてしまったがために引き起こされた、パニック障害の典型的な症状でしょう。

 

 

発達障害者の行動パターンというのは本当に先が読めませんので、常に誰かが付き添ったり監視したりしないと、とんでもない事を引き起こしてしまう可能性があります。

私の妻も状態が酷い時はそんな感じにパニックを引き起こし、自傷行為に走ったこともありますので、その行動パターンはよく理解できているつもりです。

ただ、パニックを引き起こした時はこれといった手立てが無いのもまた事実でして、正直、精神安定剤を飲ませてやることぐらいが関の山な部分があります。

 

 

厳しい話ですが、それが今の医学の限界です。

 

パニックを起こしたらどうするべきか

パニツックの状態によって対処法は異なりますけど、とにかく一杯一杯になった頭と心を休めさせるほかありません。

また、発達障害者は自分自身でストレスを発散することがとても下手なので、どうやって溜め込んだストレスを発散させるかも大切なポイントです。

発達障害者の心はとてもデリケートなので、その発散方法が自傷行為等にエスカレートしないよう、この部分はより細やかなサポートが必要になるでしょう。

スポンサーリンク