職場で障害者に対する虐待行為を調査 2016年は972人

障害者雇用への取り組みが強まる中、やはり現実というのは厳しいようで、厚生労働省の調べによると、勤務先で暴力を振るわれたり給料を搾取されることが、2016年で972人いたそうです。

 

障害者「職場で虐待」972人=給料搾取や暴力―16年度厚労省調べ

2016年度に職場で給料の搾取や暴力、わいせつ行為などの虐待を受けた障害者が972人いたことが26日、厚生労働省のまとめで分かった。

前年度より151人(13.4%)減った。

全国の労働局が障害者虐待防止法に基づき、虐待が疑われるとの通報などを受けて1316事業所を調査した。うち581事業所で虐待の事実を確認し、是正指導などを行った。

虐待を受けた障害者は知的障害が53%と多く、精神障害が24%、身体障害が21%。被害の内容は最低賃金以下で働かせるなどの「経済的虐待」が82%を占め、暴言を浴びせる「心理的虐待」が11%、「身体的虐待」が6%あり、「性的虐待」も6人いた。

虐待したのは事業主や上司ら591人。聴覚障害のある60代男性は、ミスのたびに上司から手話で「下手くそ」「辞めろ」などと示された。卸売業で働く知的障害の20代女性はプレゼントと引き換えに、上司ら複数の男性から性的関係を強いられていた。

引用元:ヤフーニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00000080-jij-soci

スポンサーリンク

日本固有の文化的背景

この数字が多いのか少ないかはは別問題として、このような障害者に対する虐待行為は、実際にはもっと多数の場所で起きています。

この調査は厚労省が通報を受けて調べただけのものにしか過ぎず、もっと過酷な職場にいる障害者は数多く存在するでしょう。

どうしてこんな虐待が起こるか……障害者を抜きに考えても、学校や会社では当たり前のように「イジメ」ってありますよね?

つまり、より立場が弱者となる障害者に対する風当たりは強くなって当然なんです。なぜならば、それが日本人特有のアイデンティティであり、文化なのですから。

 

差別は儒教が発端?

いやいや、これは日本の話だけではないですね。

ところで「病身舞(ピョンシンチュム)」という韓国の伝統芸能をご存知でしょうか?

 

病身舞の様子

 

病身舞とは、障害者や病人を真似て踊るものなんですが、白川静氏の著書『孔子伝』によれば、

 

儒教文化圏における身体障害者は、神の穢れを負うものとして差別されると同時に敬われてもきた

 

という背景から生まれたものとされています。

儒教。言われてみれば、日本にも立派な儒教文化が根付いています。「男尊女卑」「村八分」「同和問題」etc…それこそ数えだしたらきりがないくらい、差別問題がありました。

古来から日本には「神道」が存在していたため、雀の涙程度ではありますが、儒教一色の韓国よりは障害者に対する差別意識は薄まれてはいるものの、現代社会においても儒教文化が根強く残っているので、差別問題は一向に無くならないんですね。

 

昔から根強く残る社会問題

さて、儒教云々の話はひとまず置いといて、この障害者に対する虐待問題は今に始まったことではありません。

職場はもちろん、果ては障害者を守るべき場所である障害者施設でも日常的に行われています。

 

 

「障害者 虐待」と、ちょっと検索しただけでも出てくるわ出てくるわ……これが現実。

昨年起きた相模原殺傷事件も、障害者に対する差別意識が容疑者の根底にあったからこそ起きた事件なわけですし、どこかで歯止めをかけなければいけません。

 

 

そして、その「歯止め」とは具体的に何なのか、これこそが今の社会に突きつけられている問題です。

障害者差別解消法という表面的な法律だけでは、この先も障害者に対する虐待問題は無くならないですし、根本的な解決にはつながらないでしょう。

スポンサーリンク



気になるニュース

Posted by チャーリー