植松容疑者が「障害者排除」を訴えたタイミング

植松容疑者はいつ頃から障害者に対し差別的な発言をしてきたのか、それがある程度明らかになったようです。

 

植松容疑者「政治団体を作って日本を良くする」と語っていた

7月26日未明、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」をたった1人で襲い、死者19人、重軽傷者26人(7月28日現在)を数える大量殺戮事件を起こした植松聖容疑者(26)。

植松は小学校の図工の教師をしていた父親の影響か、「幼少の頃から父親と同じ小学校の先生を目指していた」(近隣住民)というが、夢だった教員の採用試験に合格することができなかった。

「小学校教師はハードルが高いから特別支援学校の教員を目指す」と友人に語っていた植松は、2012年12月、事件の現場となった「やまゆり園」に非常勤として勤務。

だが、今年2月、植松は施設の同僚に「重度の障害者は生きていても仕方がない。安楽死させたほうがいい」と話し、翌日、園長から問い詰められた。

「園長が発言の真意を問うと、“自分は間違っていない”と反論したそうです。その場で自主退職が決まった」(施設関係者)

引用元:ヤフーニス
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160804-00000005-pseven-soci

スポンサーリンク

容疑者の人間性が変わった時期

この記事にも書かれていますが、植松容疑者は幼少の頃より教職に就くことを目指していたもの、その教員試験に落ちてから少しずつ様子がおかしくなったというのが大方の見方で、この記事を信用するならば、

 

 一時は小学校教員の夢に代わって、彫り師になることが植松の人生の目標になっていたというが、師匠だった彫り師に“障害者を皆殺しにすべきです”と告白したことで破門になった。

 

事件当初は「障害者への怨恨」や「職場での不満」が犯行動機と言われていましたが、津久井やまゆり園で働く前から障害者に対しての偏見は抱いていたことになります。

つまり、施設勤務によるストレスは直接的な原因ではなく、怨恨や不満があったいうのはその場で思いついた言い訳の一つにしか過ぎなかったということかもしれません。(むしろ怨恨や不満はなかったように思います)

 

一番大きなターニングポイント

さて、植松容疑者の様子が変わっていったのは、大学に進学してからの話です。

 

しかし父のように教師になりたいと帝京大学に進学すると、植松容疑者に“変化”が現れるようになる。

「カッとなったり、キレやすくなった。髪を染めたり、入れ墨をしたのは大学2年か3年のころだと思います。自慢気に見せられましたね。田舎では仲間うちで楽しくやっていたけど、大学でいろんなところから来た学生と出会って、自分を強く見せたかったのかなと思いましたね」(前出・地元の友人)

引用元:ヤフーニュース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160803-00010007-jisin-soci

 

これはあくまで推測ですが、植松容疑者は学生時代から何かしらの偏見、思想を抱くようになった可能性があります。

 

出典:ツイッター速報

 

「自分を強く見せたい」というのは自己顕示欲の表れですから、それがエスカレートしていくうちに優生思想も芽生えてしまった、と。やはり凶行のサインは、施設勤務時代ではなくそれ以前から発せられていたと考える方が自然でしょう。

ということは、植松容疑者は自らの歪んだ欲望、思想を満たすがために、障害者の施設である「津久井やまゆり園」に勤務した可能性が……そう考えると、背中に薄ら寒いものを感じます。

植松容疑者がどうして津久井やまゆり園で働くようになったのか、ここに犯行動機の鍵が隠されているような気がしています。

スポンサーリンク



気になるニュース

Posted by チャーリー