特別支援学級の女性教諭が起こした不適切指導

先日、

 

これは教師以前に人としてどうなのよ?

 

と思わざるをえないニュースがありました。

 

全盲生徒に「時計見なさい」、手不自由なのに熱い急須持たせ…「指導不適切」女性教諭を分限免職 大阪市教委、研修1年でも改善せず

指導力不足で研修を約1年間受けさせたものの改善せず教員として適格性を欠くとして、大阪市教育委員会は11日、地方公務員法に基づき、中学校教諭の女性を同日付で分限免職とした。女性は特別支援学校勤務時、全盲の生徒に「時計を見なさい」と発言するなどしたとして、校長や地元から「指導が不適切」との訴えが出ていたという。

ほかにも、右手にまひがある生徒に左手で急須を、右手でそのふたを持たせ、生徒が「こわい、熱い」と言うのも構わずにやらせるなどしていたという。

市教委は女性を昨年6月に「指導が不適切な教員」と認定。同7月からこれまで授業力向上などのための研修を受けさせたものの、女性は「自分には課題はない」「課題が改善していないと言われる理由が理解できない」などと述べ、改善がみられなかったという。

市教委は、元特別支援学校勤務の中学教諭は人数が限られるとの理由で、女性の年齢などを非公表とした。

引用元:産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/160711/wst1607110050-n1.html

今も昔も変わらないモラル

私は以前、特別支援学級の教員のレベルについて記事にしましたが、それがそのまんま浮き彫りになったようなニュースですね、これは。懺悔ですむレベルではありません。

 

出典:pbs.twimg.com

 

教育大学出身の妻は

 

今も昔もそんなもんよ

 

と妙にサバサバしていましたが、改めて特別支援学級の教諭のモラルが問われるかのような、実に胸糞が悪くなるニュースでした。

 

 

さて、このニュースの中で気になったのは

 

 市教委は、元特別支援学校勤務の中学教諭は人数が限られるとの理由で、女性の年齢などを非公表とした。

 

この部分。公表しないのもどうかと思うんですけど、「特別支援学級なんかやってられねーよ」といった教師の本音が見え隠れしていると思いませんか?

つまり、これだけ指導に問題がある教師であっても、人手不足なため厳罰に処分することができないのが現実なんです。

 

タブー視される特別支援学級

どうして特別支援学級の教師にはなりたくないのか、多くの教師にそれを問うたとしても絶対に回答は得られません。なぜならば、未だ特別支援学級をタブー視している風潮が教育現場に残っているからです。

いかにも日本人らしい価値観といえばそれまでなのですが、教育者を育成する現場からして同じ風潮なのですから、これはもう成す術がありません。

このままでは未来永劫、この国は教育後進国、福祉後進国のまままでしょうね、きっと。

気になるニュース

Posted by チャーリー