買い物の計算が合わない?

買い物は、妻にとってある種訓練に行くような部分があります。

まず、アスペルガーな妻は人が大勢いる場所は苦手なので、これを少しでも改善するためにと考え、人混みに慣れるという訓練をしています。

 

基本的に私と二人でいればなんてことはないのですが、やはり妻一人になった途端不安な表情を見せます。

買い物に集中していれば問題ないのですが、その集中力が切れてしまうと尚更です。

スポンサーリンク

買い物は訓練の一環

そんな妻ですので、人でごった返すスーパーではなく、ほどほどに人がいるスーパーで買い物をするようにしています。

そして次は、買い物の計算の訓練です。

以前、値引き札に過剰反応するという話をしましたが、妻は視覚を刺激するもの、その値引き札と同じようにポップな広告に目を奪われやすく、「本日の目玉商品」とか「広告の品」という商品を見ると、何も考えずに買い物カゴに入れてしまう癖があるんです。

で、いざレジに行くと計算が合わなかったりすることが多々あったり、と。

私が注意していれば済む話なんですけど、人目を盗んで買い物カゴに入れるケースもあるから侮れません(笑)

 

予算を決める

そんなわけですので、妻の調子が良い時は一人で買い物をさせるようにしています。

これは最近始めたことなんですが、事前に「予算はいくらまで」と明確な数字を示してあげると、キッチリとその分だけ買い物をしてきます。「予算」という目標を達成させるのに一生懸命になるんでしょうね、きっと。

ただ、これも時折困ったケースを生む場合がありまして、妻は与えたお金全部を使い切ってしまうという癖もあるんです。

 

 

例えば500円程度の買い物をさせるときに1000円札を渡すと、1000円分キッチリと使い果たしてしまいます。

結婚当初、妻がアスペルガーとはわからなかった時は、このことでだいぶ苦労しました。なんたって与えた食費をすぐに使い切ってしまうのですから、我が家のエンゲル係数は無茶苦茶でした(苦笑)

とりあえず今は私が家計を管理していますので、だいぶ生活の方はマシになってきましたが、今でも当時のことを思い出すたびにゾッとしてしまいます。

妻と買い物。まだまだ乗り越える壁はたくさんありますが、慌てることなくマイペースで臨みたいです。

スポンサーリンク



アスペな妻の特徴

Posted by チャーリー