買いだめの恐怖

最近は注意するようになったのでかなりマシになりましたが、妻には「買いだめ」する癖があります。

 

 

これは性格的なものか、それともアスペルガーからくる行動なのかはハッキリしません。

ただ、妻は家に在庫が無いと不安になる気持ちが強くなるため(不安障害?)、ついつい同じものをたくさん買ってしまいます。

生鮮食品の場合はそんなことは無いのですが、日用品、特に細かいものになると買い物に行くたびに購入します。で、気がつくとたくさんの在庫が……。

スポンサーリンク

買うことで頭がいっぱいになる

一番顕著なのが水回りの用品でしょうか。

例えば価格の安い排水口ネットなんかはことあるごとに買ってしまうので、我が家にはどえらい数の排水口ネットがストックされています(笑)

もちろん妻は在庫があることを知っているのですが、買い物に行くと「買う」行動にしか気持ちが向かないため、そのことがすっかり頭から抜けてしまうらしいんです。

ここらへんはアスペルガーだからなのかなと強く感じますね。

 

 

買い物は好きでも買い物は苦手。なんだか矛盾した話かもしれませんが、妻にはそんな部分があります。

スーパーやホームセンター等には大量の商品が陳列されていて、それだけで気持ちが一杯一杯になってしまいやすく、肝心なことにまで気が回らなくなるのでしょう。

 

買い物リストを作ってストレス緩和

そんな背景もあり、買い物は必ず二人でするようにしています。

私の仕事の関係でどうしても妻一人で行かなければならない場合は、事前に買い物リストを作り、そのリスト分のお金しか渡さないようにしています。(たくさんお金を持たせると全部使い切ってしまうため)

 

 

買い物ひとつとっても苦労するアスペルガーな妻。

過去にはそれが原因で鬱になってしまったこともありますが、「二人で買い物をする」「買い物リストを作る」の二つをするようになってからは、だいぶストレスを感じなくなったようです。

スポンサーリンク

アスペな妻の特徴

Posted by チャーリー