拒食と過食を繰り返す妻

妻は結婚する以前より、拒食と過食を繰り返し続けていました。

それはきっと、幼少期のトラウマから来ているんだと思いますが(そのトラウマについてはまた後日お話ししたいと思います)、とにかく食べる食べないの差が激しかったです。

これは多分、アスペルガーも多少は影響していると思います。

 

 

要するに食べることへのこだわりが人一倍強く、また、オンとオフが極端な考え方であるため、食べない時はとことん食べなくなり、食べる時はこれでもかというほど食べてしまうんです。

体重が増えてから鬱になる

ちなみに、結婚以前はやや拒食症っぽく、結婚して色々な制約から解放されたのか、今度は極度の過食症になってしまい、結婚後半年と経たずに体重が30kg近く増える結果に……。

で、さすがに妻も体重が一気に増えたことを気にしたのか、その後は鬱状態に陥ってしまい、同時に拒食症になってしまいました。

その当時は今通っている精神科とは別の病院に通っていたのですが、そこでなんとか食事が取れるように回復。体重もほぼ平均的な数字に戻り、妻も平静さを取り戻すことができましたが、運が悪いというか、その病院の担当医が突然辞めてしまい、また過食と拒食を繰り返す羽目になってしまいました。

とにかく体重の増減が半端ではないです。30kgも太ったり、こんどはそれ以上痩せてしまったり、これはちょっと常軌を逸しています。

それでもなんとか誤魔化していたのですが、一昨年に別な精神科に通うまではそんなことを度々繰り返していたのです。

 

バランスのとれた食事を心がける

現在は精神科に通い続けることで過食症と拒食症はかなり改善されてきましたが、それでも過食や拒食っぽい一面は今でも見られます。

とにかく食べることに対してのこだわりが人一倍強いのですから、ちょっと精神状態が不安定になるとドカ食いしたり、少しも食べなかったり、やっぱりその差は激しいです。これはアスペルガー症候群が故のことなんでしょう、きっと。

ちなみに最近の妻は標準よりもやや痩せている感じで、もう少し太ればいいかなと本人も気にし始め、私も含め食事バランスに気をつけるようになりました。

 

 

ま、歳のせいもあるんですけど、そう自覚できるようになったのは大きな進歩だと感じています(笑)

これからこの症状がどうなるのかはまだわかりませんが、これも長い目で見守っていこうと思います。

アスペな妻の特徴

Posted by チャーリー