アダルトチルドレンの原因は機能不全家庭による部分が大きい

アダルトチルドレン(AC)になってしまう原因は多々あるようですが、そのほとんどが機能不全家庭で育ったことが主だった原因となるようです。

 

 

で、アダルトチルドレンである可能性が極めて高い私の妻は、人間の人格が形成される幼少期にどのような家庭環境で育っていたのかを改めて考えてみることにしました。

スポンサーリンク

機能不全家庭で育つと……

機能不全家庭とは、その名の通り家庭の機能が健全に機能していない家庭のことを指すのですが、具体的には

  • 家族間の対立が顕著
  • 不法行為をしている
  • 身体的や性的、心理的な虐待がある

といったように、おおよそ一般家庭とはかけ離れた家庭環境であることを総じて機能不全家庭と呼ぶそうです。

そして、この機能不全家庭で育ってしまった子供は、その環境が「当たり前」と思いながら成長してしまうため、人格を形成する重要な幼少期に親からの愛情を受ける機会が非常に乏しくなり、結果として自己愛や自尊心、他者への共感、他者の苦しみに対する理解に欠けた人間に成長しやすくなるんです。

 

幼少期に植え付けられた恐怖

ところで私の妻は両親と兄の4人家族で暮らしていましたが、傍目からは普通の家庭に見えても実情はかなり異なっていたそうです。

特に父親の頑固さとキレ方が半端ではなく、気に入らないことがあるとすぐ怒鳴り散らしたり、ちゃぶ台をひっくり返すことが頻繁にあったとか。(まるで漫画のような話ですね……)

それを見ていた妻は常時父親に対する恐怖心を抱き、

「父親には絶対に逆らってはいけない」

という気持ちが深く植え付けられてしまいました。

そんな折、妻は肥満解消のために水泳を始めることになったのですが、これも両親に無理やりにやらされた部分があったそうです。

 

 

ここまでの話ならば、妻の両親の考えは「子供のためを思っての行動」と捉えることはできますが、この水泳を始めたことによって妻の人生は大きく変化していくことになります。

 

周囲の異常なまでのプレッシャー

以前もお話ししましたが、妻は水泳が得意でした。

 

 

単に泳ぐのが得意なだけで済めば良かったのですが、JOC(全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会)や全中(全国中学校水泳競技大会)で日本記録を樹立するなど、周囲から注目されるのと同時に最終目標はオリンピックといった具合にまで期待が高まっていったそうです。

ただ妻自身にしてみると、周囲の人間から注目されるのはとても嫌なことだったそうです。

多分にこれはアスペルガー症候群からくるものなんでしょう。なんたってコミュニケーションを取るのが大の苦手なんですからね。

そんな妻の気持ちを周囲の人間、特に両親は少しも汲み取ろうとせず、これ以上ないぐらいに妻を持ち上げるだけでなく、厳しい食事制限も設けたり、昭和時代の間違ったスポーツ指導を受けさせ、小学校から中学校までの間は、普通の子供のような学校生活を過ごすことが全くできなかったとか。

また中学時代には、ありもしない水泳部を妻のために無理やり作るといった持ち上げようで、これも妻に相当なプレッシャーを与えていたようです。

 

心理的虐待を受け続けた妻

もしこの時期に妻の異変に気づいてくれる人がいたならば、妻はここまで苦しまずに済んだはずです。

まあ当時は発達障害のはの字もないような時代でしたので、こればかりは生まれた時代が悪かったとしか言えません……。

 

 

これはもう立派な心理的虐待であり、これこそが妻をアダルトチルドレンにさせてしまった一番の原因でしょう。

周囲の人間や両親は良かれと思ってやったことかもしれませんが、妻自身からすれば泳ぐことは苦痛以外の何物でもなかったのですから、健全な精神を持った子供が育つような環境だったとは到底思えませんので……。

 

現役引退後も続いた親の過干渉

いい加減妻はそんな環境に嫌気がさしたのか、両親や周囲の反対をよそに高校進学からほどなくして現役を退いたのですが、そこでも両親、特に父親の妻に対する期待感、いや、依存度は高まる一方で、妻の将来を自分の思いのままにしようと、ことあるごとに難癖をつけてきたそうです。

その後妻は、(父親と学校のゴリ押しで)某教育大学へ進学します。

ここで「卒業したら教師になれ!!」という父親に真っ向から反発して普通のOLになりましたが、それを機にしてかなんなのか、父親はアル中へとまっしぐらに進むことに。なんだかなぁ、です。

プロスポーツ選手を親に持つ私の目から見ても、正直な話、妻の幼少期の生活は異常なものに映ります。

幼気な子供に対して大人のエゴを丸出しにして接するなんて、なんと愚かなことなのか、それに気づく大人が一人もいなかったのは非常に嘆かわしいことです。子供は大人のオモチャじゃないのに……。

 

人間はモノなんかじゃねぇ!! 真田幸村@花の慶次

 

出典:pixiv.net

 

ACの克服に向けて

このように妻がアダルトチルドレンである背景には、妻の幼少期の家庭環境=機能不全家庭による部分が大きく影響しているように思います。

もちろんアスペルガーだったことも影響していますが、妻が受け続けてきた心理的虐待は妻の心に大きな傷跡を残し、父親亡き後もその幻影に怯えている部分が残っている以上は、アダルトチルドレンを完全に克服するにはまだまだ時間はかかりそうに思います。

あとはどのように妻の心の傷を消し去ってやることができるのか、そしてどう具体的にアダルトチルドレンを克服させていけばいいのか、アスペルガー症候群との兼ね合いを見ながら、今後のことを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク