アスペルガーな人との会話の仕方

アスペルガー症候群の人はコミュニケーション能力が著しく欠落しているため、その言動のせいで周囲の人間に誤解を与えてしまいがちです。

 

私の妻もそうですが、ついつい余計な言葉を口にしたりして場の空気を乱すことはしばしば。

そんな時、どう対応してあげれば良いのかとても悩むところです。

スポンサーリンク

自分のパターンを優先する傾向がある

アスペルガーの人は、何事に対しても自分の型(パターン)をいの一番に優先させてしまうので、どうしても周りからは「ワガママな人」に見られてしまいます。

ただ、それは決してワガママではありません。

単純に自分の意見や考えというものを口にしているだけのことで、それを相手に強要しようとか押し付けようという考えは少しも無いんですよね。

例えば私の妻の場合、一旦「話すスイッチ」が入ると、それこそぶっ壊れたスピーカーの如く喋り続けますから(笑)

そんな時はこちらから話しかけても会話は全く噛み合わず、逆に声をかけることで妻の「会話パターン」が崩れてしまので、尚更会話がかみ合わなくなってしまうんです。

だから私は、妻が話してる時は適当に頷いたり相槌を打ったりして、妻の話が終わるのをじっと待つようにしています。

 

話を適当に聞き流す

ここで大切なのはあくまで「適当に話を聞く」ということです。

 

 

また、妻の話は支離滅裂なものになりやすく、一体何を話しているのか肝心の妻自身がわからなくなってしまうことさえありますので、一から十まで妻の話をマトモに聞いてしまってはこちらの身が持ちません。

そしてこの時の妻は「相手に話を聞いてもらいたい」という気持ちは実はほとんど無く、「単に話をしたい」だけの状態になっていますので、聞かないからといって怒ることは滅多に無いのです。

そりゃ確かにガン無視してしまえば怒りますけど、こちらが聞き役に徹しさえいれば何のトラブルも無く会話は進んでいくんですね。

 

会話はストレートかつシンプルに

かなり一方通行なコミュニケーション方法かもしれませんが、アスペルガーな人と会話する際は、とりあえず「聞き役」に徹するのがベターです。

とにかく喋らせることで気持ちをスッキリさせてあげれえば、その後は意外とこちらの話を聞いてくれたりするんで、そこで自然とコミュニケーションが取れるようになります。

また、空気や行間を読むことを苦手とするのもアスペルガーの特徴なので、会話の際は回りくどい言い方はせず、比較的ストレートに言葉をかけてあげる方が会話はしやすくなります。

遠回りな言い方をしたり言葉をオブラートに包んでしまうと、肝心な言葉の意味をなかなか汲み取ることができず、「何で?」「どうして?」といった疑問ばかりを部炊けてくるので、そこで会話が遮断されるケースが増えるからです。

 

妻と私の具体例

それでは具体的に私の妻の会話例を挙げてみましょう。シチュエーションは「外食時に何を食べるか」です。

悪い例

今日は天気も良いし、散歩がてら外食にでも行こうか?

天気良いの?

天気はいいよ

そう、晴れなら洗濯物でもしようかな〜

……

 

 

 

良い例

今日は外食しに行こうか? 何食べたい?

外食? 私はラーメン食べたいな〜

どんなラーメンが食べたい?

家系ラーメンがいい!!

よし、それじゃ今日は家系ラーメンを食べにいこう

 

普通の人にしてみれば【悪い例】の会話で意思は十分伝わるはずですよね?

でも、こんな具合に「外食」をするということを伝える前に、余計な情報(例では「天気」「散歩」)を与えてしまうと、肝心の「外食」という目的が伝えにくくなるんです。

この程度の内容ならまだしも、話の内容が複雑になればなるほど妻は「?」な気持ちになり、結果として精神が不安定になったりしますので、会話は極力シンプルにするよう心がけています。

とまあ些細なことかもしれませんが、何かのついでに試してみることをお勧めします。

スポンサーリンク

ASDのあれこれ話

Posted by チャーリー