結婚相手が発達障害だったら……

結婚というのは人生の一大イベントですが、そこでパートナーが発達障害だったら皆さんはどうされますか?

 

 

もっとも、「発達障害者とは結婚できない」という方もいると思いますが、この障害は見た目では判断できない障害です。

それに付き合っている時は「恋は盲目」状態なのですから、相手に多少不思議な点があったとしても、ほとんど気にならないで付き合ってしまうはずです。

振り回され続けるパートナー

……で、いざ結婚してみたらどうにも様子がおかしい、と。

こういった後で気付くというパターンが多いんじゃないかなと思います。

発達障害にもいろいろな障害がありますが、我が家のようにパートナーがアスペルガー症候群の場合は、コミュニケーションがうまく取れないため様々な場面ですれ違いが生じます。

アスペルガー症候群の人は、他人の気持ちを汲み取ることがとても苦手です。

その人、例えば夫や妻であってもそれは同じことでして、相手の立場や考え、気持ちなどはほとんど考慮せずに行動してしまうので、健常者(定型発達)はアスペルガーのパートナーにものすごく振り回されてしまいます。

 

初めは「愛」で我慢できても……

結婚当初はそれでもうまくいくかもしれません。

ただ、それが少しずつ積み重なっていくと何とも言い難いストレスが蓄積され、些細なことで口論してしまったり、そのストレスが原因で別な障害=二次障害を発症してしまったりと、まっとうな結婚生活を送ることが困難なものになるはずです。実際、我が家もそんな感じですからね。

幸いにして私の妻は受動型のアスペルガーなので、私がうまくコントロールすることで生活のバランスを保てています。

それでも危なっかしい場面は何度もありましたが、精神科に通院するようになってからは、とりあえずは安定した生活を送れるようになりました。

ただ、これは私と妻の一例にしかすぎません。厳しい言い方をするようですが、私個人としては、発達障害者と健常者(定型発達)のカップルは長続きしないと考えています。

 

 

まず第一に、付き合いというのはお互いの気持ちを理解し合うところから始まります。

それは決して好きとか愛だとかといった感情論だけでは成り立つはずもなく、良い所、嫌な所を全部含めて理解しなければなりません。

その相互理解が生まれない以上、付き合っていくのは至難の技。こと夫婦なら尚更です。

 

傷口が広がる前に

最近はゲーム感覚で結婚、そして離婚をする人がやたら増えていますが、正直、このような風潮にはあまり感心しません。

単に私の考えが古いからなのかもしれませんが、結婚するからにはそれ相応の覚悟が必要になるというのに、あまりにも結婚が軽く扱われているような気がしてならないからです。

しかしながらパートナーが発達障害、特にアスペルガー症候群だった場合は離婚もやむなしと考えています。なんたって夫婦の礎となる相互理解が芽生えにくいのですから、これはもう結婚云々以前の問題。お互いの将来を考えれば、傷口が広がらないうちに手を打つのが賢明でしょう。

やれ結婚だの離婚だのの話は、第三者はあまり口出ししてはいけないのが基本。

なので、これ以上あれこれは言いませんが、発達障害者と健常者(定型発達)の結婚は、想像を絶する壁が立ちはだかるものと理解してください。

本当に大変なんですよ、この手の結婚って(苦笑)

ASDのあれこれ話

Posted by チャーリー