アスペルガーには天才が多い?

巷では「アスペルガー症候群(AS)の人は天才肌が多い」、例えば記憶力が人一倍優れていたり、普通の人とかけ離れた能力を持っていると言われますが、実際はどうなんでしょうか。

有名どころでは、アインシュタインがアスペルガー症候群だと言われていますよね?

 

 

実際は本当なのかどうかの確証はされてないのですが、天才や偉人と呼ばれている人はアスペルガー症候群が多いと囁かれています。

ただ、個人的に言わせてもらえれば、それはほんの一例にしか過ぎないように思います。

スポンサーリンク

アスペルガー=天才ではない

確かにアスペルガー症候群の人は強いこだわりを持っていることが多く、その「こだわり」が活かされるような場所や場面に遭遇すると天才的な能力を発揮するかもしれませんが、障害の有無とは関係なく、天才的な力を発揮するのは「生まれ持ったの素質」による部分が大きいので、一括りにアスペルガー症候群=天才と決めつけるのはちと早計なような気がします。

ところで私の妻ですが、天才肌とまではいかないにしても、一つだけ人よりも優れた部分があります。

それは水泳です。

 

 

子供の頃からスイミングスクールに通い、早くからジュニアオリンピックで活躍。当時、全小や全中などで日本記録を打ち立てるなどガチで得意だったそうです。(結果として、これが妻を苦しめる原因となっていましたが……)

また、オリンピック代表選考会を兼ねた日本選手権では決勝まで残るなど、水泳素人の私が聞いても相当得意にしていたんだなと思います。

と、その話はこれぐらいにして、妻が水泳が得意だったのはアスペルガー症候群だったからというわけではないと思うんです。

事実、妻は水泳が大嫌いだったと話していますし、周囲から無理やりに泳がされていた部分があったわけでして、決してアスペルガー特有の「こだわり」があって得意になったのではないからです。

まあ、学問ではなくスポーツの分野の話をしたところで何の説得力もないんですが、これも一つの例として捉えていただければと思います(笑)

 

過度の期待は禁物

要するに、アスペルガー症候群だから天才になるのではなく、天才とは生まれ持った資質や素質の方が大きく影響してくる、ということを言いたいんですね、私は。

天才と呼ばれる人がアスペルガー症候群だったとしても、それは後から付け足した理由であって、アスペルガー症候群の人に過度の期待をしてしまうのは、逆にその人を苦しめてしまうことになりかねませんので、人並み以上のものを求めるのは酷な気がします。

何が得意で不得手なのかは、当の本人にしかわからない事ですからね。


よく読まれる記事

ASDのあれこれ話

Posted by チャーリー